1. TOP
  2. ⑦体調管理
  3. 苦しい鼻づまりの原因ってなに?5つの原因と対処法を知ろう!

苦しい鼻づまりの原因ってなに?5つの原因と対処法を知ろう!

⑦体調管理
この記事は約 5 分で読めます。

「最近なんだか鼻づまりがひどくて夜が寝付けない」とか「昼間に鼻づまりがひどくて仕事に集中出来ない」なんてことはありませんか?

鼻づまりになると大抵の人が、風邪を引いたのかな?と感じるようですが、その割には熱も出ないしその他の症状が現われない。そうなると次はアレルギー症状なのかな?と疑いを持ちますよね。

実際に何が原因で鼻づまりになっているのかが分からないと、それだけで結構イライラとするものです。では自分の鼻づまりの原因が何かを知ることが出来れば、対処法も見つけられるかもしれませんよね。

今回はそんな苦しい鼻づまりの原因についてご紹介してみましょう。

鼻づまりはどうして起こるのか

朝起きたら鼻づまりになっていた。夜寝る前からなんだか鼻づまりがひどくて、あまり寝ることが出来なかった。こんな経験をした人はかなり多いことでしょう。

鼻づまりになると、息をするのが困難な状態になって苦しい思いをしたり、寝ているときはイビキの原因にもなりますよね。

また、鼻づまりになっているとつい寝ている時に口呼吸になってしまい、喉が荒れてしまう原因にもなってしまいます。

鼻づまりはバリア機能?

鼻づまりというのは、鼻が身体の中に異物を侵入させないようにするためのバリアとしての機能を果たそうとすることによって、鼻の中の粘膜が腫れることで起こる現象です。

つまり外敵から身を守ろうとしている結果、引き起こされているものなのです。

もちろん、その他外的要因によるものもあります。まずは自分がどの原因に1番近い状態なのかを把握しておくことが鼻づまりの症状の改善や予防に役立つことでしょう。

鼻づまりの原因その1
風邪を引いている

最も身近で分かりやすい原因は、風邪を引いていることでしょう。

熱の出ない鼻風邪というケースもありますが、だいたい1週間ぐらいでピークも過ぎ自然と完治していくものです。よく、鼻水の色が緑や黄色だと風邪を引いていると判断しますよね。

もちろん色がついていても、違った病気であることもありますがまずは風邪の症状を疑ってみると良いでしょう。

鼻づまりの原因その2
アレルギー反応を起こしている

鼻づまりの原因として、アレルギー反応を起こしていると考えるケースの時は、まず花粉症などを疑う人が多いかもしれません。

花粉症アレルギーを持っている人の大半はアレルギー体質であることが予想されます。その場合、きちんと自分がどのようなアレルギーを持っているのかを血液検査で調べておくことで、比較的鼻づまりを予防する方法も考えられることでしょう。

例えば、単純に花粉症アレルギーだと言ってもどの種類の花粉に反応しているかで、花粉の飛散する季節も違います。

もしかすると、1年中何かしらの花粉に反応している人だっているかもしれません。自分が何のアレルギーなのかを知っておくことで、花粉が飛散する前に予防するための対処をすることが出来ます。

こういった花粉アレルギーが原因による鼻づまりのケースは、鼻水に色がついておらず透明の場合が多いようです。

鼻づまりの原因その3
副鼻腔炎や蓄膿症などの鼻の病気

鼻づまりの原因として考えられることに、鼻の病気になっている可能性も多いにあります。鼻の病気というと、よく耳にするのは蓄膿症や副鼻腔炎です。

これらの病気は鼻に炎症が起きることで出来る膿などが溜まることで、症状としては膿が混じった鼻水が出たり頭痛や目の間に痛みが出ることもあります。

それらの原因となるのはウイルスや細菌に感染するところがきっかけとなります。だから最初に風邪を引いて、そのままズルズルと引きずり副鼻腔炎や蓄膿症になる人が多いのです。

鼻づまりの原因その4
事故による鼻の損傷や生まれつきのもの

鼻づまりの原因には、外的要因によるものもあります。何らかの事故などで鼻に外傷を負うことで、鼻の中の壁と呼ばれる鼻中隔が曲がっているケース。または生まれつき鼻中隔が曲がっているケースもあります。

鼻づまりの原因その5
部屋の空気が乾燥している

鼻づまりの原因として、最後は部屋の空気が乾燥していることによって起こる鼻づまりです。本来鼻の中というのは少し湿り気のある状態を保っているものです。

それが空気が乾燥することによって、鼻の中の水分が失われ鼻水が固まりになってしまうことで鼻づまりが起こるのです。

よく冬になると「部屋の湿度が下がりすぎないように加湿器をつけましょう」というのを耳にしますが、湿度を保つということは鼻が乾燥することを避けるように予防するという意味も含まれているのです。

乾燥した空気というのはウイルスの増殖を促します。冬に風邪を引く人が多いのは、こういった条件が夏よりも整っているからなのでしょう。

鼻づまりの原因から考えられる対処法

では今までのことをまとめると、鼻づまりになった時にはどうしたら良いのでしょうか。

まず鼻づまりになってしまった時に、自分は何が原因で鼻づまりになったのかを探るにはその時の鼻水の状態をよく観察することです。

鼻水の色によってある程度の原因を絞り込むことが出来ます。単なる風邪かな?なんて思っても全然治らないときは、きっと原因が他にあると予想されます。

そうなったとき、如何に早く医療機関で診察を受ける気持ちがあるのかも大切です。

さいごに

いかがでしょうか。今回は苦しい鼻づまりの原因についてご紹介してきました。自分がどれが原因で鼻づまりになっているのかを知るためには、普段から体調の異変を察知するように気をつけることです。

そして、如何に早く対処するかで症状が悪化するか完治が早まるかが決まります。出来るだけストレスフリーな生活を送れるようにしたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 苦しい鼻づまりの原因ってなに?5つの原因と対処法を知ろう!

  • クリスマスが1人ぼっちで寂しい?いや、男一人でぼっちでも楽しもう!

  • 【女々しい男の特徴】女性の8割が嫌だと答えちゃう6つの特徴

  • アルギニンを含む食べ物と上手く付き合いヘルペスを予防しよう!

関連記事

  • 本格的に暑い夏に!夏バテの予防と対策方法を知っておこう!

  • 熱中症の症状とその対策は?症状が酷いと深刻な状態になることも

  • たばこをやめる方法!~自力で頑張りたい人へ~

  • 視力が低下する原因ってなに?防止法をしって日頃から気をつけよう!

  • 花粉症対策にはヨーグルト?良い食べ物とダメな食べ物を紹介!

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策