1. TOP
  2. ⑤ダイエット
  3. 食べてないのに痩せないのはなんで?原因を知って対策しよう!

食べてないのに痩せないのはなんで?原因を知って対策しよう!

⑤ダイエット
この記事は約 5 分で読めます。

あなたは人生の中で何度ダイエットをしたことがありますか?

男性よりも女性のほうが、スタイルを気にして人生のうちに何度もダイエットに挑戦する人が多いかもしれません。

しかし、男性もスタイルというよりは、健康を気にするようになるとダイエットに挑戦する人が増えるようです。

ダイエットは食事制限からの人が多い

ダイエットをしようと思った人の大半は、まず自分の日頃の食事量から減らして行こうと考える人が多く、単純に3食だったものを2食に減らしてみたり、極端に食事を摂らなかったりというダイエットを試みる人が少なくありません。

あなたも経験したことはありませんか?「食べてないのに痩せない!」という目を疑いたくなるような事実を。

好きな食べ物も我慢して、おやつも出来るだけ食べないように気をつけているのにも関わらず、体重計に乗ってみると痩せていないという現実。

今回はそんな、「食べてないのに痩せない原因」についてご紹介していきましょう。

食べてないのに痩せない原因その1
3食の食事を食べていない

よくダイエットの記事などを読むと、「ご飯は必ず3食きちんと食べましょう」なんて書いてあるのを目にしませんか?

「体重を減らしたいならば、3食食べるよりも2食にしちゃえば簡単!」なんて思って食事制限をしてみているのに、体重計に乗ってみても前と変わらない…どころかもしや増えてる?!

なんて経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。「えっ?食べてないのに痩せないのはなんで?」と不思議に思っているかもしれません。しかし、これは当たり前のことなんです。

最初は体重が減るんです!

誰しも最初のうちは体重が多少なりとも減少します。しかし、人の身体というのはカロリー制限をしたり、食事量がいきなり減ることによって危機感を感じてしまうのです。

「もしや、飢餓していってる?」なんてことを考えると、少しでも消費するカロリーを抑えて、生命を維持しようと身体に働きかけるのです。

この結果どうなるかというと、体脂肪は燃えにくくなり、痩せにくい身体になっていきます。これが、いわゆる「停滞期」というやつです。

つまり、どんなにダイエットをしていても大切なのは「1日3食をきちんと摂取すること」なのです。

口から入るエネルギー量が減ってしまえば、もちろん身体の中で消費しようとするエネルギーも減ってしまうために、食事を減らしても体重が減るようなことが無くなっていってしまうのです。

食べてないのに痩せない原因その2
基礎代謝が下がっている

食べてないのに痩せないと悩んでいる人は案外少なくありません。

ご飯さえ食べなければ体重は減っていくものだと思っている人が多いようですが、先ほども述べたようにある程度のラインを過ぎると身体が生命の危機を感じてストップをかけてしまいます。

人の身体というのは、食べたものを消費するために“噛む”という行為にも、“消化”という行為にも、“排出”という行為にもエネルギーを使います。

もちろん食べた量が多ければ、その分それらの消費エネルギーも高いし、食べなければその分少ない消費エネルギーとなってしまいます。

食事制限のみでは不十分

では、消費エネルギーが減るというのはどういうことなのでしょうか。

身体の中で消費するものが減ってしまうと、逆に脂肪を蓄えようと働きかけてしまうのが、人間の身体です。食べていないのに痩せない原因というのはココにあります。

食事制限のみのダイエットというのは、基礎代謝を下げてしまっている状態に陥っているのです。

では、基礎代謝を下げないためにはどうしたら良いのか。これが、ダイエットの基礎。「運動+バランスの良い食事の摂取」を念頭において、目標体重に届くように頑張ることです。

人の身体というのは、基本的に1日に摂取するエネルギー量と消費するエネルギー量によってバランスを保とうとしています。つまり、

1日に摂取するエネルギー量 > 1日に消費するエネルギー量

このような方程式が成り立ってしまっている生活を送っていると、身体も大きくなっていってしまうのです。

3食バランスの良い食事を心がけることも大切ですが、消費するエネルギー量を確保するためにも、運動というのは大切なことです。基礎代謝というのは筋肉量が多いほど上がります。

それは筋肉を動かすためにもエネルギーを消費しているからです。筋肉量を維持しつつ、体重を減らすにはやっぱりある程度の運動というのは欠かせないことが分かりますね。

食べてないのに痩せない原因には、この基礎代謝が下がってしまっていることも考えられるのです。

食べてないのに痩せない原因その3
体脂肪率と筋肉量のバランスが悪い

食べてないのに痩せない原因の最後は、体脂肪率と筋肉量のバランスが悪いことが考えられます。ダイエットをするときは、今現在の筋肉量を維持しつつ体脂肪率を下げていくほうが痩せるのです。

先ほども述べたように、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまいます。基礎代謝が下がるということは、その分消費されるエネルギーが減ってしまい、体重も減らなくなっていってしまうのです。

筋肉量を維持するために、ある程度の運動を必要としますが、その中でも体脂肪率を下げていくことを気にすることで、全体的に身体をしぼることが可能なのです。

つまり筋肉量と体脂肪率はそれだけ深い関係にあり、食べてないのに痩せない原因は、体脂肪率よりも筋肉量が減ってしまっていることが考えられるのです。

さいごに

いかがでしょうか。食べてないのに痩せない原因を3つご紹介しました。基本的にダイエットをするときは、バランスの良い食事を3食きちんと食べて、適度な運動をすることが大切なことなのです。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 苦しい鼻づまりの原因ってなに?5つの原因と対処法を知ろう!

  • クリスマスが1人ぼっちで寂しい?いや、男一人でぼっちでも楽しもう!

  • 【女々しい男の特徴】女性の8割が嫌だと答えちゃう6つの特徴

  • アルギニンを含む食べ物と上手く付き合いヘルペスを予防しよう!

関連記事

  • そろそろ減量しないとヤバいかも?減量するときに考えたい食事制限について

  • スパンテックスでダイエット効果!加圧インナー3種類を徹底比較!

  • ダイエットに効率のいい運動はスロージョギング!運動音痴でも簡単!

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • 簡単に痩せられる方法ある?ダイエットの効果をあげる7つのポイント

  • 青汁のおすすめで安いのある?男も女も満足する人気の3商品は?