1. TOP
  2. ⑤ダイエット
  3. 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

 2017/10/18 ⑤ダイエット
この記事は約 5 分で読めます。

運動をするとき、有酸素運動と無酸素運動の2タイプありますよね。有酸素運動をするとダイエットになるとか、健康に良いと言います。

しかし、この有酸素運動をすることがそれらダイエットや健康に良いもんだと言われるような効果を持つかどうかは運動の仕方によります。間違った運動の方法をしてしまうと、せっかくの有酸素運動をする効果を与えることは出来ません。

運動が好きな人も、運動が嫌いだという人もせっかく有酸素運動をしているのですから、効果を持たせるような運動の方法をしたいですよね。今回は、そんな有酸素運動に効果を持たせる方法についてご紹介しましょう。

どんな運動が有酸素運動?

ではまず有酸素運動にはどんなものがあるのでしょうか。有酸素運動には数種類あります。1番有名で手軽に行えるものが、ウォーキングです。

ウォーキングはどんな年齢層の人でも行えるものです。そしていつからでも始められるというところが、ウォーキングの魅力です。

激しい運動をするのとは違い、自分のペースで行える有酸素運動として、ウォーキングは最も効果のある運動だと言えます。激しい動きがない分、筋肉を激しく使うようなこともありません。

なので、年齢層の高い人でも気軽に行える有酸素運動として取り入れられているのです。

またその他の有酸素運動としては、水泳やエアロビクス、エアロバイクなどがあげられます。

ウォーキングよりも全身を使う運動ですが、どれも自分のペースで出来る有酸素運動なので、運動が苦手だという人にもやりやすいものなのです。

有酸素運動に効果を持たせる方法1
長時間よりも継続が大事

では有酸素運動に効果を持たせるにはどうしたら良いのか。まずは有酸素運動は1回に長時間行うよりも、毎日短時間でも継続して行えることのほうが効果があり、大事だということです。

長時間苦しい運動をすることが良い有酸素運動のやり方ではありません。そもそも有酸素運動というのは、身体に負担のかからない程度でもちょっと息が上がるぐらいの運動が丁度良いということです。

しかしこれは人によって違います。いかに自分のペースを掴めるかです。運動が苦手だという人は、10分を目安に有酸素運動をすると良いでしょう。

また運動が好きでよく運動をしているという人は30分~90分ほどの有酸素運動をすることを目安にすると、有酸素運動の効果が現われるでしょう。

有酸素運動に効果を持たせる方法2
有酸素運動よりも筋トレが先

有酸素運動に効果を持たせる方法は、有酸素運動よりも先に筋トレをすることです。基本的に筋肉トレーニングというのは、体力と持久力のあるときにやらないと意味をなしません。

つまりエネルギーがある時でないとせっかくの筋肉トレーニングに効果を持たせることが出来ないのです。有酸素運動というのはあまりカロリーを消費するようなものではありません。

つまり、ダイエットを目的とするのであれば有酸素運動のみを行っても効果が期待出来ないということです。逆に筋肉トレーニングは基礎代謝を上げるには最適な運動です。

筋肉トレーニングをすることで、筋肉をつけ基礎代謝をあげて脂肪を減らすことがダイエットに繋がるのです。だからこそ、有酸素運動よりも筋肉トレーニングを先にやることで、より有酸素運動に効果を持たせることが出来るのです。

有酸素運動に効果を持たせる方法3
心拍数を意識する

有酸素運動に効果を持たせるには、有酸素運動しているときの心拍数にも気を配るように心がけましょう。有酸素運動をしているときに心拍数を気にするには理由があります。

心拍数というのは、脂肪の燃焼率を上げる心拍数というのがあります。まずは自分にとって適切な心拍数がいくつなのかを知ることから始めましょう。

最大心拍数というのは、もう動けません!という状態まできた心拍数のことです。

「220 ― 年齢」によって最大心拍数が求められます。

自分にとって最適な心拍数というのは、この最大心拍数に対して60%~80%以内の数字のことをいいます。

運動が苦手な人はまず、心拍数を60%ぐらいになるように意識をして有酸素運動をすることで効果が得られます。

また逆に運動をよく行い、好きな方だという人は80%くらいを意識しながら有酸素運動をすることが効果を持たせる方法です。

普段運動をしている場所がフィットネスジムのような場所ならば、トレーニングマシーンに心拍数を測るような機能がついています。

また、自分でウォーキングやランニングなどの有酸素運動を行っているという人は、心拍数を計測することの出来る機械があるので購入してみることもお勧めします。

有酸素運動に効果を持たせる方法4
運動前には食事を摂取する

ダイエットをしている人は、よく食事を抜いて運動をしてしまいがちですが、これではせっかくの有酸素運動が効果をあまり見せません。

最も効率よく有酸素運動に効果を持たせたいのであれば、きちんと運動の1時間半前には食事を摂取しておくことが大切なのです。

有酸素運動ではカロリー消費は期待出来ませんが、エネルギーは確実に消費します。

必要であるエネルギー量をちゃんと摂取していない状態で運動をすることで、脱水症状に陥ったり低血糖などの症状に陥ったりします。きちんと食事を摂取していることにより、脂肪の燃焼の加速にも繋がるのです。

さいごに

いかがでしょうか。

有酸素運動に効果をもたらせる4つの方法についてご紹介しました。ダイエットをするにせよ、健康維持を心がけるにせよ、有酸素運動を行うときはその前の筋肉トレーニングときちんとした食事、そして継続する力などが必要なのですね。

また有酸素運動の効果は運動を始めてから2週間後ぐらいだと言われています。ほんの僅かな変化かもしれませんが、積み重ねにより後の大きな変化に期待してトレーニングしてみて下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • クリスマスが1人ぼっちで寂しい?いや、男一人でぼっちでも楽しもう!

  • 【女々しい男の特徴】女性の8割が嫌だと答えちゃう6つの特徴

  • アルギニンを含む食べ物と上手く付き合いヘルペスを予防しよう!

  • フィンジアの効果がでる期間は?効果なしは本当か購入した感想を紹介!

関連記事

  • 半年でベンチプレス100kg以上に?最強自己催眠の方法を伝授!

  • ダイエットに効率のいい運動はスロージョギング!運動音痴でも簡単!

  • そろそろ減量しないとヤバいかも?減量するときに考えたい食事制限について

  • 簡単に痩せられる方法ある?ダイエットの効果をあげる7つのポイント

  • 食べてないのに痩せないのはなんで?原因を知って対策しよう!

  • 超話題の加圧シャツでダイエットが加速?おススメのポイントや口コミは?