1. TOP
  2. 足のむくみの原因ってなに?自分で出来る対策法を知っておこう!

足のむくみの原因ってなに?自分で出来る対策法を知っておこう!

 2017/08/19 ⑦体調管理
この記事は約 6 分で読めます。

人間の身体の中で足は一番「むくみやすい」と言われています。

1日の仕事終りには、もう足のむくみで靴がキツい!なんてことや、お酒を飲んだ翌日は足のむくみがひどいなんてことを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな足のむくみの原因と自分で出来る対策法をご紹介しましょう。

なぜ足のむくみが起きるのか

足のむくみというのは、自分で簡単に確認することが出来ます。

足首の少し上を指で30秒ほど抑えてみて下さい。手を離した後に、指の形で後がくぼんでしばらく残るようならば身体がむくんでいると言えます。

また、ふくらはぎの弾力性が奪われている状態もむくんでいると言えます。では、なぜこのような足のむくみが起きるのでしょうか。

これは、血液の流れと大きな関係があります。

人の身体というのは70%が水分で出来ていると言われています。そして血液は常に身体の中を動脈を通して必要となる栄養分だったり水分だったりを各細胞へと供給しています。

しかし、老廃物と言われるものがあるように身体の中には必要のなくなった水分などが体内を同じように循環しているのです。

こういった体内を循環するハズの水分が、うまく流れにのれないと重力で身体の下の方、つまり足に溜まってきてしまうことから「足のむくみ」というものが引き起こされてしまうのです。

足のむくみの原因となることは

では実際に足のむくみの原因となることとは、どのようなことのなのでしょうか。

長時間同じ姿勢を保つような人

足のむくみが起きやすい人として、長時間同じ姿勢を保つような人。

例えば、美容師さんだったり調理師さんや看護婦さんなど長時間立ち仕事をしているような人。また同じように長時間座りっぱなしな事務作業やパソコン業務をしているような人も足のむくみに悩まされている人が多いと言います。

これは、同じ姿勢を長時間保つことによって、身体の中の血液の流れが悪くなっているからです。立ち仕事をしている人の場合は、特に重力に逆らえず血液が足に溜まってしまいやすくなるのでしょう。

食生活の乱れからくる人

足のむくみの原因として、食生活の乱れからくる人もます。人の身体の水分というのは、塩分とカリウムで水分量を調節していると言われています。このバランスを崩すようなものが、自分の食生活の乱れです。

身体の中で塩分が増えると、水分をため込もうとする為に水分量が増えると言われています。普段よりも水分量が増えるということは、その分必要とされていない水分量も増えてしまい、足のむくみの原因となってしまうのです。

足の筋力不足からくる人

身体の中の血液の流れを良くするためには、足から血流を押し上げる力も必要となってきます。これにはやはり、足の筋力というものが必要不可欠になってくるのです。

筋肉を動かすことによって、血液の流れを上に押し上げることで血の巡りも良くなるというものです。この足の筋力が弱まってしまうということは、必要のない水分が足に溜まってしまう原因になるということです。

一見、立ち仕事をしている人は足をよく動かしているように思われますが、同じ姿勢を保つということは筋肉を動かすということにはなりません。適度に筋肉を使わないと、やはり筋力というのは低下していくものなのです。

運動不足な人

足のむくみの原因の1つに、運動不足な人があげられます。やはり、運動不足な人というのは体内の血液の流れがあまり良くありません。

運動不足な人というのは、様々な筋力が年齢とともに低下していってしまいます。もちろん、足の筋力というのも同様に落ちていくことでしょう。

また、運動不足な人ほど血液の流れが悪いために、「冷え性」であることが多いです。この、「冷え性」というのも足のむくみの原因の1つだと言われています。

「冷え性」だと、水分が足に溜まりやすくしかも、筋力を硬くしてしまいます。これによって、さらに足が冷えてしまうのです。

病気が原因な人

もちろん足のむくみの原因が、病気からくるものである人もいます。足のむくみが症状になって表われる病気としては、以下のようなものがあります。

・下肢静脈瘤
・腎臓の病気
・肝臓の病気

これらの病気による原因で足のむくみが引き起こされているケースもあります。足のむくみというのは本当に過信してはいけないものなのです。

自分がもし、立ち仕事をしていなかったり、今までと変わらない生活スタイルを維持しているのにも関わらず、慢性的に足がむくんだりするような場合には、きちんと医療機関の診察を受けるようにしましょう。

足のむくみを予防する対策は

では、足のむくみを引き起こさないようにするにはどう対策をとったら良いのでしょうか。

足がむくんでしまっている時は、足を高めの位置に置くようにしたり、マッサージをしたりすることが良いですが、出来れば予防するための対策を取っておきたいですよね。その為には何をしたら良いのか。

対策1 適度な運動をする

やはり1番の対策は、適度に運動をする習慣を取り入れることです。足の筋力が衰えてしまうと、足もむくみやすくなってしまいます。

そうならない為にも、下半身にたまりやすい水分を上に押し上げるだけのポンプ作用がうまく働くように筋力をある程度維持しておくことが大切なのです。

毎日の通勤を1駅分手前で降りて歩くといった程度でも構いません。いつもよりも歩くことで、身体を動かし体内の血流を良くすることが足のむくみにとっても効果的だからです。

対策2 食生活に気をつける

先ほども述べましたが、塩分や水分を取り過ぎるような食生活は体内の水分量を乱してしまいます。

普段の食生活から、バランスの良いものを摂取するように心がけるようにしましょう。また、足のむくみにはカリウムを含むものを食べると良いと言われています。

カリウムは体内に摂取しすぎてしまった塩分を排出する働きがあると言われているからです。

例えば、バナナやほうれん草、納豆やサツマイモなど手軽に取れる食物から栄養分を摂取するようにしてみると良いのではないでしょうか。

このように、足のむくみの原因には自分で出来る対策法というのが意外と多い物です。自分の毎日の健康を考えるのであれば、自分で出来ることは取り入れて実行してみることが大切なのです。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 長時間運転するためのコツってある?安全運転するために気をつけよう!

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策

  • 顔の緊急事態!ボロボロの肌になる原因とは

関連記事

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策

  • 足がつる原因は筋肉の疲れからくるだけじゃなかった

  • 最近、目が疲れる。その目が疲れる原因はコレだった!

  • 他人事だと笑っていられない!ぎっくり腰になる原因とその予防

  • 精神的に疲れてきたらどうしよう?解消するおすすめの方法5つ紹介!

  • 梅雨は疲れてだるい人も多い!その原因と簡単な4つ対策を紹介!