1. TOP
  2. そろそろ減量しないとヤバいかも?減量するときに考えたい食事制限について

そろそろ減量しないとヤバいかも?減量するときに考えたい食事制限について

 2017/07/18 ⑤ダイエット
この記事は約 5 分で読めます。

みなさんも今までで1度ぐらいは、「減量しようなかな?」と考えたことがあるのではないでしょうか。人は様々な理由から食事制限などをして減量をしようと考えます。

例えば、
・好きな人が出来たから減量したい
・健康的になりたいから減量をする
・病気になってしまって減量する

など、減量が必要なので食事制限をしなければならないなど、単なるダイエットに限らず減量をしなければならないと自覚をしている人は世の中に多いのです。

では、具体的に減量するときはどのように食事制限をすることが望ましいのでしょうか。今回はそんな減量するときに考えたい食事制限についてご紹介しましょう。

食事制限1
減量に食事制限は必要なのか

減量を考えたことがある人が、真っ先に思いつくのがご飯を食べない、量を減らすなどの食事制限ではないでしょうか。

食べるから太るんなら、食べなきゃいいんじゃない?という発想から食事制限をするのでしょうが、本当にそれが正しいと言えるのでしょうか。

そもそも、減量をするために食事制限をすることって本当に必要なのでしょうか。単純に運動をするなどをすれば良いのように感じますが、実際にそれだけで減量に成功した人があなたの周囲にいますか?

結論から言えば、減量に食事制限は必要です。せっかく運動をたくさんするようになっても、運動をしたからと言って、食べる量を増やしたり間食が増えてしまえば、運動をしていても太るなんてことだってあり得るのです。

やはり減量にはある程度の食事制限は必要だと言えます。

食事制限2
急激な食事制限は身体への負担が大きい

減量を考える人の多くが、まずは食事制限をしようと考えることでしょう。しかし、極端な食事制限は一時的な減量にしか効果がありません。あなたが食事制限をしてまで減量をしようと考えた理由は何でしょうか。

急激に体重を落としてしまうことのデメリットは、脂肪だけでなく筋肉も合わせて落ちてしまうことです。もちろん基礎代謝も下がってしまうので、結果的に身体が脂肪を蓄えようとしてしまいます。

極端な食事制限をした結果、体重だけおちても体脂肪は落ちることなく、逆に太りやすくて痩せにくいという最悪の体質になってしまうのです。

よく、減量に成功した人がリバウンドで前よりも太ってしまったなんて話しを聞いたことがありますよね。極端に食事制限をしたりすると返って食べられないストレスを感じてしまうものです。

一時的に体重が減ったことへの喜びと今まで我慢していたというストレスから一瞬なら大丈夫とたくさん食事をしてしまうことによって、気持ちのたがが外れリバウンドへの道のりに戻ってしまうのです。

つまり、急激な食事制限をして減量をしても肌はボロボロになり、リバウンドの可能性も大きくメリットになることがあまりないということです。

食事制限3
望ましい食事制限の仕方

減量を考えたときに、食事制限は必ず必要であると先ほど述べました。

では、適度な運動もしていて、食事制限もしているのに減量が出来ないと悩んでいる人はきっと頭を抱えていることでしょう。

しかし、それは食事制限の仕方が違っているのかもしれません。簡単に食事制限といっても、単にご飯を食べないといった食事制限では先ほども述べましたが、一時的な減量にしかならず、身体も壊してしまいます。

では、望ましい食事制限の仕方というのはどのような方法なのでしょうか。まず本気で減量をしたいと考えるのであれば、守りたい約束が3つあります。

①おやつは食べない(間食も含まれる)
② ジュースやお酒は飲まない
③ 栄養のバランスを考えて食事をする

本気で減量をしようと考えているのであれば、上記の3つの約束は必ず守る必要があります。

本気で痩せたいと思っていても中々実行出来ていない人の多くの原因が、この3つが守れられていないがために減量が出来ていない現実です。

「減量をしたいんだ!」とみんなに話している割にはおやつを食べているなんて人よく見かけませんか?自分の心に勝たなければ実際に減量が出来るなんてことはないのです。

減量の敵は糖質と炭水化物です。

よく0カロリーなんて商品を目にしますが、成分表をよく見て下さい。0カロリーの割には甘いなどの原因は糖質です。

本当に減量をしたいと考えているのであれば、この糖質を取りすぎないようにすることを大切にしましょう。

0カロリーといううたい文句に油断して食べてしまうと、想像以上に1日に糖質を摂取することになってしまいますよ。

もちろん、ジュースには果糖が含まれているため甘いです。

よくお酒も蒸留酒なら大丈夫などと聞きますが、アルコールを分解させるために肝臓は必要以上に働いてしまい、アルコールは脂肪にするのを加速させる原因にもなるので飲んでも太らないなんてことはないのです。

だったら、痩せるまでは我慢しましょう。飲み物は基本は水です。もちろんブラックの珈琲やお茶というのも良いですが、一番適しているのは水です。

減量でも栄養バランスが大事!

減量で食事制限をしていても、栄養のバランスには気をつけて食べましょう。

特に、体重を落とすと一緒に筋肉も落ちやすいものです。避ける方法としては、きちんとたんぱく質を摂取しておくことです。

1つの栄養素に偏りすぎても身体は不調に陥りやすいものです。3大栄養素と言われる、タンパク質、脂質、糖質の栄養バランスを考えた食事制限を行いましょう。

さいごに

いかがでしょうか。このように減量にはちゃんとした食事制限が必要です。本当に本気で減量をしたいと思うのであれば、食事制限にまで気を配って行ったほうが効果的だと思います。

ぜひ、食事について考え直してみてください。

【関連記事】
カッコいい男になりたい人は
ぜひ、この記事も読んでみてください。

男の臭い対策はこれだ!臭いに悩む男性におススメサプリを紹介!

スパンテックスでダイエット効果!加圧インナー3種類を徹底比較!

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 長時間運転するためのコツってある?安全運転するために気をつけよう!

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策

  • 顔の緊急事態!ボロボロの肌になる原因とは

関連記事

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • ダイエットに効率のいい運動はスロージョギング!運動音痴でも簡単!

  • 簡単に痩せられる方法ある?ダイエットの効果をあげる7つのポイント

  • 今年こそ夏までに痩せる!知っておきたい痩せる3つの方法

  • スパンテックスでダイエット効果!加圧インナー3種類を徹底比較!

  • 半年でベンチプレス100kg以上に?最強自己催眠の方法を伝授!