1. TOP
  2. お酒に弱い人の対策方法ってある?酔わないようにする6つのポイント!

お酒に弱い人の対策方法ってある?酔わないようにする6つのポイント!

 2017/04/04 ⑦体調管理 ⑪ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。

世の中には、お酒が強いと言われる人と
弱いと言われる人がいますよね。

お酒が強い人は
お酒を飲むことを楽しめる人が多く、
お酒が弱い人はお酒を飲む席が
苦手だという人が少なくありません。

お酒が弱い人というのは、
ちょっとした量のお酒でも気持ちが悪くなったり、
頭が痛くなったりと、
さまざまな症状が現われたりします。

た、翌日の二日酔いにもなる確率が高く
体調の悪さに嫌な思いをしたことが
ある人が多いのではないでしょうか。

では、そんあお酒が弱い人が
酔わないようにするには
どういった対策を取れば良いのでしょうか。

今回は、そんなお酒が弱い人が
酔わないようにする対策についてご紹介しましょう。

お酒が弱い人でも楽しく
飲み会に参加するための対策

お酒が弱いからといって、
会社などの親睦会や上司との付き合いに
参加しないなんて訳には
いかない事情もありますよね。

また、お酒は弱いけれど会社のみんなとの
コミュニケーションは取りたい!
と思っている人だってたくさんいるハズです。

基本的にお酒に強いとか弱いというのは、
アルコールを分解する力が
強いか弱いかの違いです。

これは生れ持った身体的能力の問題なので、
たくさんアルコールを摂取すれば
お酒に強くなるなんてことはありません。

だったらお酒に弱い人は
どう対策をしたら良いのか?
を考えるべきでしょう。

飲み会に楽しく参加する対策1
自分のコミュニケーション能力を上げる

会社などの親睦会などには、
自分の為にも参加したいと
考える人が多いことでしょう。

しかし、ネックとなるのは
お酒に強い人たちが弱い自分に
「飲んでるか~」と声かけをしながら
お酒を飲ませようとすることです。

こういった人たちも、
決して悪気がある訳ではありません。

自分たちが楽しく
お酒を飲んでいる雰囲気を、
同じように味わってもらいたいという
思いからくる場合もあるのです。

あなたの周辺で、お酒に弱いのにも関わらず
このような飲み会の場で
「お酒を勧められるようなことが無い」
という人はいませんか?

そういう人がいたら良く観察してみましょう。
お酒が弱いのにも関わらず、
周囲から飲むことを進められない人というのは、
お酒を楽しみながら話をする人たちと
同じテンションで
盛り上がっていることが多いです。

つまり自分の
コミュニケーション能力を最大限に発揮して、
お酒を飲んでいなくても
周囲と同様にみんなを盛り上げているんですね。

自分たちと同じテンションで盛り上げている人を、
周囲の人たちはお酒を同等に
飲んでいると錯覚を起します。

だからお酒を勧められないんです。

このように、
自分のコミュニケーション能力を
上げる対策をことによって、
飲み会などで酔うほどお酒を
飲まなくても済むのです。

飲み会に楽しく参加する対策2
周囲に気付かれないように飲んでいるフリをする

お酒が弱い人がネックとしている、
お酒を勧められないようにする対策の1つとして、
周囲に気付かれないように
飲んでいるフリをすることです。

ではどのようにして、
飲んでいるフリをするかというと、

実際にちゃんと
自分の分のアルコールは注文します。
それと同時に水を頼んでおくのも良いでしょう。

ソフトドリンクを同時に
注文するのも良いのですが、
「周囲に反感をかってしまう」といった
悩みを持っている人だっていますよね。

水ならば強いお酒を頼んだ人の
お酒を割るために来ることだってあります。

もしも本当に注文しづらいという人は、
ペットボトルで水を
持参しておくのも良い対策の1つです。

たくさんお酒を飲むような人は、
時間が経つにつれてみんなが
どれぐらい飲んでいるかなんてことは
分からなくなります。

水やソフトドリンクとお酒の割合が1:1と
なるような感じで飲んでいくと
楽しく飲み会に参加出来ることでしょう。

飲み会に楽しく参加する対策3
胃袋が空の状態でアルコールを摂取しない

お酒が弱い人ほど気をつけておきたいのが、
胃袋が空の状態でアルコールを摂取することです。

酔わないようにする対策としては、
必ず胃袋にちょっとでも構わないので、
何かを食べてからアルコールを飲むことです。

飲み会などに参加すると、
「かんぱ~い!」をしてから
すぐにグラスに口を付けますよね。

でもお酒に弱い人は、
このときグラスに口を付けるだけで
実際にお酒を飲んでしまってはいけません。

アルコールを胃袋へ吸収させる前に
必ずご飯ものを食べておくことが、
その後を左右するのです。

最初に口にする物としては、
チーズやドレッシングのかかった
サラダなどがオススメです。

これはそこに含まれる脂肪分が、
腸へと届き膜を張ってくれるからです。

先にこのような
脂肪分のあるものを口にすることで、
腸で吸収されるアルコールを軽減してくれます。

お酒が弱い人が
酔わないようにする対策としては、
アルコールを飲むペースは控えめにし
食事はしっかりと取るということです。

ただし、この時に注意しておきたいのは、
塩分の多い食事は喉が渇いてしまうので
少なめにしておくということです。

お酒が弱い人が飲み会に
参加する前にしておく対策

自分はお酒に弱いと感じている人は、
飲み会などに参加する前に
出来る限り酔わないためや
二日酔いにならないための
対策をしておきましょう。

飲み会に参加する前の対策1
酔いやすいお酒を覚えておく

人によって
組み合わせなどがあるとは思いますが、
基本的な酔いやすい
お酒というのを覚えておき、
それらは避けるように心がけましょう。

・炭酸で割ったようなお酒
・温かいお酒
・飲みやすそうなカクテル

これなら大丈夫だ。
という1つをずっとオーダーし続ける
というのも良いでしょう。

他のお酒を勧められても、
「コレが好きなんです~」の
ひと言で案外避けられるものです。

飲み会に参加する前の対策2
体調は万全に整えておく

どんなに知識を深めておいても、
人間というのは、その日の体調次第で
身体の中の変化は激しいものです。

普段は3杯までは飲んでも平気でも、
体調が悪い日には1杯でグロッキーに
なることだってあります。

飲み会が開催される前日は
早めに就寝をして
体調を整えておくことも大切です。

万が一、朝起きて具合が悪ければ
どうしても参加しなければならない
飲み会でない限りは
キャンセルさせてもらう勇気も大切です。

飲み会に参加する前の対策3
ウコンを飲む

飲み会などに参加すると
軽く2時間はあっという間に
過ぎてしまうものです。

この2時間食べて飲み続けるというのは、
意外と胃や腸への負担は大きいもの。

お酒の弱い人が酔わないようにしたり、
二日酔いを避けるように対策を取るとすれば
直前にウコンを飲むことも良い方法でしょう。

正直これは気休め程度にしか
ならないかもしれません。

しかし、病は気からとも言うように、
自分の酔い対策の為にしたんだという意識が、
これから飲み会に行く自分に
良い影響を与えることでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 長時間運転するためのコツってある?安全運転するために気をつけよう!

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策

  • 顔の緊急事態!ボロボロの肌になる原因とは

関連記事

  • ストレスが抜け毛の原因に?4つの大きな症状と予防する8つの方法

  • 早起きする方法ってある?簡単にするための8つのコツ

  • 秋に起こる体調不良の原因は?その原因や対策を紹介します!

  • 脳の疲労を回復する5つの方法?これで慢性疲労から脱出できるか?

  • モテる車ランキングが意外!女の子が男性に乗ってほしい車のタイプは?

  • 車酔いの原因ってなに?自分で出来る予防と対策5つのポイント