1. TOP
  2. ⑧恋愛に関する記事
  3. 妊活は男性もする時代!妊活に気をつけたい食事を紹介します!

妊活は男性もする時代!妊活に気をつけたい食事を紹介します!

 2017/08/27 ⑧恋愛に関する記事 ⑨結婚生活
この記事は約 5 分で読めます。

妊活と聞くと一般的にイメージされるのは、女性のような気がする人が多いかもしれませんが、基本的に妊活はパートナーと2人で行うものなので、男性にも妊活をしている人というのは多いものです。

妊活は女性だけが頑張ったからといって赤ちゃんが訪れるものではありません。男性も積極的に妊活のために食べ物などを気をつけてパートナーと2人で頑張るものなのです。

今回は、そんな妊活している男性も気をつけたい食べ物についてご紹介しましょう。

妊活している男性が気をつけておきたい食事

先ほども述べたように、妊活というのは女性だけが頑張っても仕方がありません。男性もパートナーと同じように妊活に対して興味を持ち、努力をしなければならないのです。

そのためにも、日常的に自分の食生活について気をつけておきたいことがいくつかあります。男性は日頃から仕事が忙しかったりすると、食生活が乱れがちです。

朝食を抜いたり、簡単で手軽だからとファーストフードばかりを口にしていたり、栄養のバランスを考えて食事をとっている人は少ないのではないでしょうか。

やはり妊活をするうえで、食事面というのは非常に重要です。健康な身体を作ることは、健康な精子を作ることにも繋がるからです。

毎日バランスの良い食事を食べていないことや、生活習慣の乱れなどは、男性の精子の質だったり量にも影響を与えてしまうのです。

妊活している男性が食事で気をつけたい栄養素

では実際に妊活している男性は、食事をどのように気をつければ良いのでしょうか。

亜鉛

良い精子を作るためには、生殖機能と関連が深いと言われる亜鉛を摂取するほうが良いとされています。

しかも偏食をするような人やファーストフードばかりを食べている人は、特に亜鉛が日常的に不足していると言われています。

しかし、亜鉛というのは一気に2g以上摂取してしまうと、急性中毒を起こす可能性があるので成人男性で1日あたりの摂取量はカキを約4~5個程度に抑えるようにしておきましょう。

亜鉛を多く含んだ食事としては、そら豆や、豚レバー、カキ、牛肉などがあります。

セレン

妊活している男性が積極的に摂取したほうが良いとされる栄養素に、「セレン」と言われるものがあります。

このセレンは、精子の運動性を維持するために重要な役割を果たしており、不足してしまうと運動率が下がったり、奇形が多く作られるようになってしまう可能性も出てきます。

運動性を維持するためにも、積極的に摂取しておきたい栄養素ですね。

このセレンを多く含んだ食事としては、イワシ、サンマ、アジ、鰹節、ホタテなどがあります。

たんぱく質

妊活している男性が取りたい栄養素として、「たんぱく質」に気をつけて食事をすると良いでしょう。基本的に精子もたんぱく質を主成分としています。

そしてたんぱく質は、人の身体を作るうえで欠かせない栄養素です。そしてたんぱく質には、「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の2種類があり、必須アミノ酸を含んだ良質なものをバランス良く食事から摂取することが望ましいとされています。

たんぱく質を多く含む食事としては、植物性に、豆腐などの大豆製品、ピーナッツなどの豆類。動物性に、卵やチーズ、豚肉、牛肉、しらす、マグロ、牛乳などがあります。

これらを日常的にバランス良く食事から摂取することが望ましいです。

ビタミン類

妊活している男性には、バランスよく食事を摂取して欲しいものです。

特に、仕事などで食生活が乱れている人は、野菜不足になりがちです。野菜不足になりがちということは、ビタミン類が不足しやすいということです。

ビタミン類が不足すると、男性にどのような影響あるのか、それは精子が老化してしまうという影響があります。老化を防止するためには、ビタミンA、C、Eといったビタミン類を摂取することが望ましいと言われています。

特にビタミンAには、「活性酸素」から精子を守る働きがあり、ビタミンCやEと一緒に摂取することによって、身体の酸化を防ぐので食事で一緒に摂取すると良いでしょう。

ビタミンAを多く含む食事は、レバーやうなぎ、にんじんなど。ビタミンCを多く含む食事は、ピーマンやブロッコリー、柿など。ビタミンEを多く含む食事はかぼちゃやカニ、アーモンドなどです。

妊活している男性が避けたい食事

では、逆に妊活している男性に避けてもらいたい食事というのはどいった内容なのでしょうか。

これは、トランス脂肪酸と呼ばれるものが含まれているものです。アメリカでは健康への影響を考えて食品への使用を禁止することも考慮しているものです。

どういったものに含まれているかというと、ショートニングやマーガリンです。

つまり、これらを原料としている菓子パン、フライドポテト、冷凍食品、お菓子などに気をつけなければなりません。

日本ではまだトランス脂肪酸に対しての規制がありません。商品を購入する際に、原材料名をチェックするように心がけておくことをオススメします。

また食品添加物などが多く含まれるインスタント食品やコンビニのお弁当なども、妊活している男性には避けて欲しい食事だと言われています。

これは、日常的にこれらを食事としている人に奇形精子が多いというデータがあるからです。やはり日常的に食べる食事というのは、栄養バランスの良い食事が一番良いのです。

さいごに

このように、妊活している男性は女性と同じように食事や生活面に気をつけることをオススメします。妊活というのは、パートナーと2人で頑張っていくものです。

仕事が忙しいことを理由に乱れた食事をしていると、その他で頑張っていることが無駄になってしまう可能性も無きにしも非ずです。出来る限りバランス取れた食事をし、充分な睡眠も取るようにしていきたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 苦しい鼻づまりの原因ってなに?5つの原因と対処法を知ろう!

  • クリスマスが1人ぼっちで寂しい?いや、男一人でぼっちでも楽しもう!

  • 【女々しい男の特徴】女性の8割が嫌だと答えちゃう6つの特徴

  • アルギニンを含む食べ物と上手く付き合いヘルペスを予防しよう!

関連記事

  • 浮気の境界線はどこから?知らなきゃ修羅場確定でヤバイ10のポイント

  • 若い女の子と遊びたい!20代女子からモテるための8つのポイント!

  • 女の子に聞いた最悪な合コンの体験談!こんな男には絶対になるな!

  • 女性との会話に緊張しないために出来ること

  • いい人に彼女できない男の悩みを解決!男が変えるべき15の特徴

  • 女子にモテる男は絶対やらない?女の子に嫌われる男の特徴や行動18選