1. TOP
  2. あなたにとって「秋といえば」の行事は?

あなたにとって「秋といえば」の行事は?

⑪ライフスタイル
この記事は約 5 分で読めます。

みなさんにとって「秋といえば」と聞かれたときに、どんな行事を答えますか?

子供達にとっては「運動会!」とか「学園祭!」といったような1年のうちの大きな行事を占める季節かもしれませんね。

でも大人になると行事という行事をさほど気にもしなくなりますよね。そこで今回は、あえて「秋といえば」で思い浮かぶ行事をいくつかご紹介していきましょう。

大人の世界にもある運動会

「運動会」と聞くと、子供達の「秋といえば」の行事のような気持ちもしますが、最近ではこの「秋といえば」の行事に大人の運動会もランクインするようになっているのだとか。

日頃運動不足になりがちな社員の為に、社内運動会を開催して社員の運動不足を解消しよう!とか、運動会を通してもっと社員同士の絆を深めようといった意図を持った会社主催の運動会を開催する企業も増えてきているのだとか。

こういった行事を取り入れることによって、普段仕事上でしか見ない上司の姿や、部下の意外な一面を見るなんてことも大人の運動会の楽しみ方の1つだと言われているようです。

大人の秋といえば紅葉狩り

大人の秋といえば、やはり紅葉狩りでしょうか。夏も終って少し涼しくなってきたかなと思う頃になると、山々が赤く色づき始めます。

日頃の疲れを癒すために、温泉に浸かりながら紅葉した山々を見たりするなんてのも、大人の良い休日の過ごし方でしょう。

秋といえば味覚狩り

秋といえば、「食欲の秋」とも言われるように美味しいものがたくさんある季節ですよね。紅葉狩りと同様に秋といえば、「味覚狩り」です!秋には美味しい味覚狩りが出来るものがいっぱいあります。

例えば、「りんご」・「なし」・「みかん」・「さつまいも」・「じゃがいも」など色々な種類の果物や野菜を収穫体験できますよね。

夏にたくさん太陽を浴びて大きく育ったものを、秋に収穫する。やはり秋の一番の楽しみは、「味覚狩り」でしょうか。

秋で思い浮かぶ行事はハロウィン

ひと昔には日本にはあまり馴染みのなかったハロウィン。ですがここ数年の間に、ハロウィンを秋の行事として楽しむ人が増えているのだとか。

首都圏でもハロウィンを秋といえばの行事の1つとして考えるようになっている証拠に、多くのハロウィンのイベントを開催しています。

例えば、ハロウィンといえば“かぼちゃ”をイメージするように“かぼちゃ”のイベントとして原宿の表参道をかぼちゃのコスプレで大行進するイベントがあったり、外国人が多い六本木では本格的に仮装した人も見られるイベントが行われていたり、企業も参加しているようなコラボイベントが開催されていたりと大人が楽しめる秋の行事となっているようです。

多くの人が足を運ぶのハロウィン行事といえば、ディズニーで行われている仮装して楽しむディズニーハロウィンです。

この時季は大人も子供も仮装をしてディズニー内を楽しんでいる人がとても多く、毎年多くの人が訪れています。

またユニバーサルスタジオジャパンでは、昼イベントと夜イベントに分けてハロウィンイベントを行っています。

子供むけのものから大人でも怖いと思うようなイベントが盛りだくさん!テーマパークで毎年行われるようになった行事として、秋といえばハロウィン!と言われるようになった証拠でしょう。

秋といえばサンマ!

秋といえば、「秋刀魚」と書くサンマです。サンマの旬は9月~10月です。まさにこの季節に美味しいサンマを食べる食欲の秋!そして、各地でサンマのイベントが行われます。

サンマ祭りの楽しみ方と言えば、豪快に焼くところを視覚で楽しみ、焼けてくる美味しい香りを嗅覚で楽しみ、焼き上がったサンマを味覚で楽しむものです。

行事として有名なところは、北海道の根室である「根室さんま祭り」。

東日本大震災以降に行われている、音楽フェスティバルを同時に開催し人気のある宮城県気仙沼市で行われている「気仙沼さんまフェスティバル」。

東京の目黒区や品川区で行われている、さんま祭りを有名にしたという「目黒さんま祭り」。大阪でも開催されている「泉大津さんま祭り」などが有名どころです。

どのさんま祭りも毎年多くの人手で賑わい、活気あるおまつりとなっています。さんまを食べながらビールで一杯!なんてのも大人の秋の楽しみですよね。

秋といえばお月見

今は実際に行っている人が少なくなってきているかもしれませんが、秋といえば「お月見」が昔からの行事ですよね。

お月見というのは月を楽しむだけではなく信仰として収穫に感謝をするお祭りという意味も含まれています。収穫を感謝する意味も含まれているために、お月見のときはお供えものをするのですね。

秋といえばお彼岸

秋といえば、お彼岸です。秋分の日の前後3日間を合わせた期間をお彼岸とし、最初の日を彼岸の入り、最後の日を彼岸明けといいます。

お彼岸というと、みなさんお墓参りに行きますよね。お彼岸というのは「この世」と「あの世」が一番近くなる日とされていて、先祖の元へ自分達が出向いて供養する意味があります。

逆に先祖が自らやってくるのを「お盆」と言います。みなさんはこの違いを知っていましたか?

このように秋といえば思いつく行事がたくさんあります。読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋。あなたは秋はどんな事を楽しみたいですか?色々な秋にまつわる行事を大人も子供も楽しんでいきたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 頭がかゆい原因ってなに?もしかしたら頭皮できた湿疹が原因なのかも!

  • 植毛とはどんな感じ?いくらぐらいの費用がかかるものなの?

  • 北朝鮮問題で話題の「全面的に排撃する」この排撃ってどういう意味?

  • 毛根は生きている!3つの心がけで復活する方法とは

関連記事

  • 【自殺しないで!】パワハラのストレスで「うつ病」にならないために知るべきこと

  • モテる男になりたい!自分磨きをしてかっこいい男になる5つの方法

  • 手汗に苦労している人は必見!原因とその対策を知っておこう!

  • お酒に弱い人の対策方法ってある?酔わないようにする6つのポイント!

  • 運動不足を解消したい!自宅で出来る4つの方法を紹介!

  • 夏バテの原因は胃腸の悲鳴?冷え対策が一番の予防方法!