1. TOP
  2. ⑦体調管理
  3. 脳の疲労を回復する5つの方法?これで慢性疲労から脱出できるか?

脳の疲労を回復する5つの方法?これで慢性疲労から脱出できるか?

 2017/05/17 ⑦体調管理
この記事は約 5 分で読めます。

毎日を忙しく過ごしている人は、仕事の疲れや疲労感が睡眠を取っても抜けないことがあります。

寝ても寝ても、まだ眠いとか、いつまでもだるさを感じるなどがある場合、もしかすると脳が疲労しているのかもしれません。この脳疲労を回復する方法を今回は、ご紹介しましょう。

なぜ脳が疲労しているのか

現代の人たちは、昔の人たちより娯楽が多いですよね。

毎日テレビは深夜まで楽しい番組を放送していますし、今やその時にテレビの前にいなくても録画さえしておけば、自分の好きなときに好きなだけテレビ番組を見られる時代です。

またパソコンの普及により、毎日多くの情報に触れることが可能となりました。

今まではラジオやテレビから情報を得ていたものが、海外の情報までインターネットを使って取得することが可能となっています。

最近は、情報過多による疲れも

また、本を読むにしても本屋へ行くのではなく、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで手軽に電子書籍を購入出来る時代になりました。

このように多くの情報を得られるようになった今、脳はその日取得した情報を寝ている間に整理すると言われているのですが、情報量に対してそれを整理するための処理能力が脳はついていっていないのかもしれません。

これを脳がストレスだと感じることで、脳疲労が起きていると考えられています。

脳が疲労したまま回復しないでいると

脳が疲労したままでいると、人は健康状態に異常をきたしてしまいます。

例えば、不眠症になってしまったり、食欲減退や過食などに陥ることもあるのです。また、倦怠感からくる思考力の低下が起きることにより、仕事でミスをするなど自律神経のバランスを崩しかねない原因となるのです。

脳が疲労したまま回復しないでいると、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

脳の疲労を回復する方法その1
仮眠をする

脳の疲労を回復する方法として、20分程度の仮眠を取るのも1つの方法です。何故20分なのか、この程度の時間で仮眠を取ることが1番脳と身体を休めるリフレッシュ方法だと言われています。

長い時間の昼寝は逆に身体をダルくさせてしまいます。また、仮眠を取る場合、身体を横にしてしまうと起きた時に起き上がることが苦痛となります。

だから20分程度の仮眠を取る場合は、座った状態などで軽く目をつぶって取る方法をオススメします。あまり寝過ぎると今度は夜が寝られなくなったりしますよね。20分程度の仮眠ならば、睡眠障害が起きる可能性も低くなることでしょう。

脳の疲労を回復する方法その2
脳に酸素を送る

脳というは、身体全体の酸素の供給量から20%~25%を消費しています。脳に酸素を送ることで脳の疲労を回復させるのです。

また、脳に酸素が送られるということは血流も良くなるのです。これは、血流が悪くなることによる判断力や集中力の低下、認知機能の低下などを防ぐので脳疲労の回復に効果があるのです。

脳の疲労を回復する方法その3
目を閉じて視界を暗くする

脳の疲労を回復する方法として、目を閉じるという方法もあります。目を閉じることでどんな利点があるのか。

それは、目を閉じて視界を暗くすることで目の前にある情報を脳に読み取らせないようにすることが出来るのです。視界から入ってくる情報を脳は、素早く処理しようとします。

もちろん仮眠を取ることもそういった利点があるのですが、好きな時に寝ることが出来ないのが、働く社会人としての痛いところです。しかし、目を閉じることならば少しの時間でも可能です。

このような方法で少し、脳を休ませてあげることで疲労回復に繋がるのです。

脳の疲労を回復する方法その4
運動をすることで回復

脳の疲労を回復する方法として、運動をすることも良いとされています。

これは、運動をすることによって、血流をよくする効果があるからです。また身体を動かすことによって気分転換やストレス発散になることもあります。

とはいえ、「仕事中に運動なんて!」と思う人もいるでしょう。簡単な運動を20分間するだけで、脳の疲労を回復する効果はあるようです。

また、運動とはいっても手軽に出来るストレッチなどでも回復する効果はあるそうですよ。

脳の疲労を回復する方法その5
目や首を温める

脳の疲労を回復する方法として、目や首を温める方法もあります。よく美容室などに行くと、シャンプーの合間に温かいタオルを首の下に置いたりすることがあります。

これは少しでもお客様の疲れを癒そうとするお店側のサービスです。

なぜこのような事で脳の疲労が回復するのかというと、やはり血流に関係があります。脳への血の流れを良くすることで、疲労回復をもたらせてくれるのです。

目や首を温めるというのは、手軽に行えて即効性があるのでオススメです。職場に手軽に温められるようなグッズを置いておくのも良いでしょう。

さいごに

このように脳の疲労にはさまざまな回復方法があります。

またこの他にも、香りによるアロマテラピーなども脳疲労に良いと言われています。ラベンダー、ローズマリー、ペパーミントなどはアロマテラピーで脳疲労に効果のある香りです。

脳は寝ている間にその日の情報を処理する働きをしています。

よく、寝る前は部屋の照明を少し落としておいたほうが心地良く寝られると言われていますが、これも、視界から情報をさえぎるといった効果があるのでしょう。みなさんも、自分に合った脳の疲労回復の方法を見つけてみて下さいね。

【関連記事】
自分自身の体調管理にをするためにも
ぜひ、この記事も読んでみてください。

疲労回復におすすめの食べ物は?即効性のある食材8選
風邪を早く治す方法は?治すために気を付けたい5つポイント!

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • クリスマスが1人ぼっちで寂しい?いや、男一人でぼっちでも楽しもう!

  • 【女々しい男の特徴】女性の8割が嫌だと答えちゃう6つの特徴

  • アルギニンを含む食べ物と上手く付き合いヘルペスを予防しよう!

  • フィンジアの効果がでる期間は?効果なしは本当か購入した感想を紹介!

関連記事

  • 精神的に疲れてきたらどうしよう?解消するおすすめの方法5つ紹介!

  • 口内炎ができる原因は?即効性のある治し方があれば知りたい!

  • 梅雨は疲れてだるい人も多い!その原因と簡単な4つ対策を紹介!

  • 本格的に暑い夏に!夏バテの予防と対策方法を知っておこう!

  • 最近、目が疲れる。その目が疲れる原因はコレだった!

  • ストレスが原因で病気に?身体的にでる症状や対処法を紹介!