1. TOP
  2. 夏の抜け毛の原因は海水浴?予防や対策をしないと20代でもヤバい!

夏の抜け毛の原因は海水浴?予防や対策をしないと20代でもヤバい!

 2016/07/17 ②髪の毛・頭皮の悩み
この記事は約 9 分で読めます。

みなさんご存知の通り、
は頭皮に一番ダメージを与える季節

近年は20代から
薄毛になる人が増加していますし
薄毛に悩む女性も急増しています。

そんな時代だからこそ、
この季節にしっかりとケアしないと、
ダメージはどんどん蓄積され、
抜け毛がどんどん促進してしまいます。

そんな夏の頭皮へのダメージについて
まとめてみました。

抜け毛が一番多いのは夏の終わりから秋

1年の間で一番抜け毛が多いと
言われているのがの終わりから秋。
なんとなくダメージを受けやすいことは
分かりますが、どうしてなのでしょうか?

紫外線によるダメージがピークに

梅雨の終わりごろから
日差しがものすごく強くなってきます。

近年では気温が40℃を超える
地域もあるほどに過酷な季節ですから、
当然、頭皮へのダメージも大きいです。

このダメージの大きい夏本番
しっかりとケアしていないと、
頭皮にダメージがどんどん蓄積されていきます。

このダメージによって、
夏から秋にかけて抜け毛の量が
どんどん増えてしまうのです。

日差しが与える頭皮への影響

pexels-photo-60219

頭皮は最も日焼けしやすい

ほとんどの人が「日焼け」という言葉を聞くと、
顔や体などの目に見えやすい部分にしか、
意識を向けていないのではないでしょうか?

でも、言われてみると当然なのですが、
頭頂部は人間の一番上にありますから、
日差しを一番、受けてしまう部分です。

しかも、日本人の髪の毛の色は
紫外線を吸収しやすいと言われている黒。
髪の毛に、想像以上にダメージを
与えていることは言うまでもありません。

ということは、
そのすぐ下にある頭皮も
当然ダメージを受けています。

もともと頭皮の皮脂は顔の9倍!

24201564 - caucasian young man controls hair loss

頭皮や髪に紫外線からのダメージを
受けているということは、

汗、皮脂、雑菌などが
頭皮にたくさんある状態です。

頭皮には毛穴がたくさんありますから、
その分、皮脂が分泌される量も
他のどの部分よりも多くなってしまいます。

なんと、あのベタつきやすい顔の
9倍ほどの皮脂が分泌される
言われているのです。

そんな皮脂の多い頭皮に
この汗をかきやすい季節である暑い夏に
紫外線のダメージまで追加されたら…

分泌される皮脂の量もかなり増大。

皮脂が多いということは、
毛穴が塞がりやすくなります。
毛穴が塞がりやすくなるということは、
抜け毛が増えるということ。

このように、夏は抜け毛が増えていきます。

紫外線で皮脂が酸化しやすい

皮脂は分泌されて長い時間空気に触れていると
酸化して過酸化脂質に変化していきます。

過酸化脂質を分かりやすく説明すると、
ガスコンロの周辺に付着している
劣化してドロドロになった油。

皮脂があのようにドロドロなっていき、
さらに毛穴を詰まりやすくするのです。

そして、紫外線はこの酸化をまねく、
最大の要因だとも言われています。

夏の強い紫外線が、
暑さで分泌量の増えた皮脂を
酸化させてしまうことで
頭皮へのダメージが増大していくのです。

海水も髪や頭皮にダメージを

pexels-photo-38104

海水浴に行ったときの
頭皮へのダメージは
紫外線だけではありません。

海水も髪の毛にダメージを与える
大きな原因になっているそうです。

では、海水は頭皮や髪に
どんな影響を与えるのでしょうか?

海水はケラチンを解かす?

髪の毛は99%ケラチンという
アミノ酸組成でできています。

ケラチンとは
髪や爪、皮膚などの角質層を形成する、18種類のアミノ酸が結合したタンパク質の総称のこと。

このケラチンはpH10を超える
アルカリ性になると解けるのですが、
海水はpH8〜9の弱アルカリ性。

大きなダメージを与える訳ではないですが、
少しずつ髪にダメージを与えている
可能性は十分に考えられます。

海水の塩分によるダメージ

野菜を塩揉みしたりすると
どうなりますか?
水分が抜けて、しんなりしますよね?

塩には「浸透圧」と呼ばれる
水分を吸収する力があります。

海から出たあと、
髪の毛がギシギシになりますよね?

これは、海水の塩分の影響で
髪の毛の水分が吸収され、
髪の毛がバサバサになってしまうからです。

海から出てもすぐに洗い流すわけではなく、
そのままの状態でレジャーを楽しみますから
その分だけ、ダメージは進んでいきます。

もちろん、頭皮の水分も吸収されてしまい、
頭皮は、だんだん乾燥してしまいます。
さらに、塩分が毛穴に詰まることによって、
頭皮や髪に大きなダメージを与えるのです。

極度の疲れによって悪循環に

pexels-photo

海などのレジャーに行くと、
海というロケーションや
日常生活からの解放感などもあり、
どうしても、はしゃいでしまいます。

そのために、
海などのレジャーに行っていますから、
当たり前なことなんですが。

でもその分、疲れはどっとでます。

その疲れが原因で、
抜け毛が進む可能性もあるんです。

疲れによって帰宅後のケアが雑に

海などのレジャーで楽しんだあと、
帰宅したら極度の疲れが出てきます。

すると、シャンプーなどのケアが
雑になってしまうことがあり、
頭皮の環境が改善されない状態に。

そんな状態で生活していたら、
日に日に頭皮へのダメージは蓄積され、
抜け毛がどんどん深刻になることも。

どんなに疲れていても
しっかりと頭皮のケアをすること
とて大切なことです。
一日の汚れをしっかりと取るためにも、
家に帰ってからのお風呂は
大事な時間であることを知っておきましょう。

疲れすぎが原因で夏バテに

夏に疲れがたってくると、食欲がなくなって、
食生活が乱れてくる傾向があります。
あまり食べずに水分ばかり補給して、
お腹の調子が悪くなってしまう事も。

そうなってくると、
髪の毛に必要な栄養も減ってしまい、
免疫力もだんだん低下していきます。

髪の毛への栄養も足りなくなってきますから、
そのことが抜け毛の原因に繋がるのです。

夏の頭皮の保護はどうするの?

48978411_m

夏の海水浴などのレジャーの際に
の頭皮の保護やケアをしていかないと
抜け毛が酷くなってしまうことは
理解できたとは思いますが
どんな風に頭皮の保護をすればいいのでしょうか?

帽子をかぶる

39256558_s

やっぱり直射日光が頭皮に当たらないように
帽子を被ることで
頭皮へのダメージは軽減されます。

一昔前に言われていた、
「帽子は蒸れるからハゲる」
というのは間違った認識で、
紫外線を頭皮に直接受ける方が
ダメージは大きくなります。

ただ、帽子の色によって
紫外線の透過率がちがいますから、
どんな色でも効果が同じという
訳ではありません。

色が濃い方が紫外線を吸収しやすく、
黒が一番、紫外線を吸収します。
でもその分、熱も吸収しやすいですから、
頭の温度は濃い色の方が蒸れやすいです。

逆に白などの薄い色は
紫外線の透過率は低いが、
熱も吸収しにくいため、
温度も上がらず蒸れにくいのが特徴。

どんな色が良いのかを選ぶのは
好みもありますから難しいですが
最近では、UVカット加工されている
帽子も多数販売されています。

いろいろな情報を総合的に考えると、
UVカット加工されている
薄い色の帽子を被るのが一番効果が高そうです。

UVカットするヘアスプレー

最近は、頭皮をまもるUVカットの効果のある
シャンプーやスプレーなどもあります。

常に帽子を被る事のできる環境ではないですから、
スプレーなどを使用して髪の毛や頭皮に
UVカット対策をしておくのも効果的です。

長時間、屋外にいるような場合は
UVカットスプレーなどを
持ち歩いておくのをオススメします。

海水浴後は早めにシャンプーする

5352621_m (1)

海のあとは、まずシャンプーをしましょう。
先ほど書いた通り、海水と紫外線によって
頭皮はかなりのダメージを受けています。

酸化した皮脂や、塩分が毛穴を詰まらせますので
なるべく早く、シャンプーして頭皮の環境を
正常にしてあげる事が大切です。

効果的なシャンプーの仕方

皮脂などの汚れをキレイに洗い流すため
シャワーを頭皮に近づけて、
3分くらい40℃前後のお湯で流します。

この最初の流しをしっかり行えば、
汚れの大半を洗い流すことができます。

髪から水分をきる

あまりベタベタに濡れすぎていると
シャンプーがその水分で流れてしまいます。

シャンプーが流れてしまったら
十分に泡立てることが出来なくなるので、
しっかりと髪から水分をきりましょう。

手のひらで泡立てる

頭皮に直接シャンプーをつけるのではなく、
手のひらでしっかりと泡立てます。

泡立てずに頭皮に直接つけると
しっかりと泡立てることができませんし、
洗い残しやすくなります。

頭皮をしっかりマッサージ

シャンプーは髪を洗うというよりは、
頭皮をしっかりとマッサージするような
感覚で洗っていきます。

頭皮しっかり洗いながらも、
髪全体を洗うようにしましょう。

しっかりと洗い流す

頭皮にシャワーをあてて
地肌から洗い流していきます。

シャンプーのとき同様、
頭皮をマッサージするような感じで、
すすぐようにしましょう。

すすぎ残しがあると、
頭皮や髪のダメージにもつながりますので
しっかりと、すすぎましょう。

なるべく早く寝る

24911715_m

海などのレジャーにいくと、
自分が思っている以上に体は疲れています。
それがきっかけで、生活リズムが崩れて
どんどん体に疲れが蓄積することも。

「髪は血余(けつよ)」
という言葉がありますが、本当にその通りで、
身体が元気な状態じゃないと髪も元気になれません。

髪は血余とは
髪の毛は命を維持することよりも優先順位が低いことから、内臓系などの命と関係のある部分から栄養が送られます。そのため、髪の毛へ栄養が送られるのは、全身に血液が送られた後に送られるという意味です。

疲れが溜まっていくと、
内臓を修復するのに栄養が使われて、
髪の毛は後回しになってしまいます。

それが頭皮の栄養不足に繋がって
抜け毛や白髪などの症状を
促進させてしまうのです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
夏は、身体にも頭皮にも過酷な季節。

いつも以上に十分にケアしておかないと
髪も頭皮も想像以上にダメージを
受けてしまうことになります。

今の時代、薄毛や抜け毛は、
「おじさん」だけが悩むことではなく、
若い人や女性で悩んでいる人が
急増しているのが現実です。

頭皮ケアの重要性を認識して
しっかりケアしていくようにしましょう。
こちらの記事も参考にしてください!
育毛サプリ「BOSTON」が売れ続けている理由を大調査!

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 便秘になる原因ってなに?男の便秘に対する対策や解消法を知っておこう!

  • 下痢の原因ってなに?要注意な食べ物を知って下痢を予防しよう!

  • 視力が低下する原因ってなに?防止法をしって日頃から気をつけよう!

  • 乾燥肌のトラブルで悩む男性が急増?原因や対策法を知っておこう!

関連記事

  • 30代のモテない薄毛野郎がDカップモデル美女から告白された秘密とは?

  • ストレスが抜け毛の原因に?4つの大きな症状と予防する8つの方法

  • 頭皮が固いと若はげ予備軍?頭皮を柔らかくする5つの方法で薄毛対策!

  • 頭皮のかゆみの原因を知ることで出来る対処法

  • 髪の毛のボリュームが気になる方必見!薄毛対策におすすめの食べ物7選

  • 育毛サプリ「BOSTON」が売れ続けている理由を大調査!