1. TOP
  2. 【自殺しないで!】パワハラのストレスで「うつ病」にならないために知るべきこと

【自殺しないで!】パワハラのストレスで「うつ病」にならないために知るべきこと

⑪ライフスタイル ⑫仕事に関する記事
この記事は約 9 分で読めます。

ここ数年でうつ病になる人が
ものすごく増えたような気がします。

私の知人にも何人かいますし、
うつ病がきっかけで
命を絶ってしまった人もいます。

ストレス社会と言われているこの時代は
誰がいつ「うつ病」になっても
不思議ではありません。

もしかしたら、
あなた自身が近い将来
うつ病になってしまうかも。

そうならないために、
自分の身を自分で守るための
考え方について書いてみます。

パワハラ上司はどこにでもいる

51796604_s

朝早く起きて出勤して、
夜遅くまで残業。
日付が変わるころに家について
風呂に入って寝る。

ずっとこの繰り返しをしていると
自分がなんで生きているのかも
分らなくなってきたりします。

それだけではなく、
嫌な上司に怒られて
精神的にも追い込まれる。

残念ながら大きな会社には
何人かはパワハラ上司がいますから、
パワハラを受けた経験がある人も
かなり多いはずです。

パワハラを受けて精神的に病んでくると
だんだん無気力になってきて、
嫌な上司の顔を見るだけで
怖くなって体が震えだしたりすることも。

自分が思っているよりも、
パワハラは身近にあるということを
理解しておくようにしましょう。

パワハラの定義

職場のパワーハラスメントは
同じ職場で働くものに対して、
職務上の地位や人間関係などの
職場内での優位性を背景に

業務の適正な範囲を超えて、
精神的・身体的に苦痛を与える
又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

出典:あかるい職場応援団

具体的には

  • 殴る、叩く、蹴るなどの暴力
  • 怒鳴りつけるような叱責
  • みんなの前での激しい叱責
  • 長時間にわたる無意味な説教
  • 無視したり、仲間はずれにする
  • 「帰れ」と強制的に帰らされる
  • 「もう会社やめろ」と言われる
  • 自分だけ仕事を押し付けられる
  • 自分だけ仕事を与えられない

など、適正な範囲を超えた行為は
パワハラにあたります。

よくあるパワハラ被害による
身体的な症状としては、

  • 不安で夜も眠れない
  • 会社に行くと体調が悪くなる
  • 仕事をする気力がない
  • 集中力が続かない
  • 胃が痛くなってくる

など、だんだん体に影響が出てきて、
徐々に自分が自分ではないような感じになり、
最終的には精神が崩壊してしまいます。

パワハラを受けたときの対処法は?

13074107_s

パワハラを受けた場合は
なるべく証拠を残すようにしましょう。

いつ、
誰から
どんなことを
どのようにされたか

なるべく細かく残しましょう。

パワーハラスメントや
会社に対する訴えを起こす場合には
日記も有効な証拠になります。

それ以外に有効なのが録音です。
今はスマートフォンで
簡単に録音できますから、
パワハラの証拠を録音しましょう。

その音源が、
いつか自分の身を守るための
強力な武器になるはずです。

限界がきたら逃げてもOK

63405055_s

ここで少し考えて欲しいのです。
「自分と会社」どっちが大事ですか?
「家族と会社」どっちが大事ですか?

ほとんどの人が
会社より自分や家族が大事なはずです。

だったら、

会社のことなんて
どうでもいいですよね?

うつ病になり自分だけが苦しむくらいなら、
会社も地位も名誉も何もかも
捨てて逃げたほうがよくないですか?

逃げることはかっこ悪いことではありません。
自分を守るための手段です。

自分を追い込んでしまったことで
最悪な結果になるくらいなら
「逃げる」という選択をしましょう。

あなたの代わりは他にもいる

「会社を辞めたいけど辞められない」って
悩んでいる人がたくさんいます。

その人たちに話を聞いてみると、
「自分の代わりがいないから辞められない」
「自分が辞めたら他の人に迷惑が掛かる」
という理由がほとんどです。

小さな個人経営の会社なら
そんなこともあるかもしれませんが、
そこそこ大きな会社なら
まったく気にしなくても大丈夫です。

一人くらい辞めたって
仕事はなんとでもなります。
あなたがいなくても大丈夫です。

自分が本当につらくて限界なら、
他の人のことなんて
考える必要もありません。

精神的に限界がきているのなら、
誰にも気を使わずに会社を辞めましょう。

とりあえず誰かに相談しよう

41756254_s

自分を追い込んでしまう人に多いのが、
誰にも相談することができずに、
一人で抱え込んでしまっている人。

自分一人では新しい知恵も浮かばず、
何も解決に繋がらないことが多いです。

だからこそ恥ずかしがらずに
誰かに話を聞いてもらいましょう。

親や友達には心配を掛けたくない
という人も多いですが、
あなたが体を壊すほうが心配をかけます。

もし、相談相手がいないのであれば、
SNSで誰かに相談してもいいですし、
相談窓口もいくつかあります。

誰かに一言相談するだけで
もしかしたら変われるかもしれません。

匿名で労働基準監督署に聞いてみよう

16447780_s

本当に会社を辞めたいと思ったとき、
すごく有効な手段なのが
労働基準監督署に相談してみることです。

どうすれば辞められるのか?
何がベストな方法なのか?

勤めている会社名を言わなくても、
ものすごく親切に教えてくれます。

会社を辞めるための手続きも、
法律のことについても、
一般的にはどうなのかも。

役に立つ情報を教えてくれますから、
悩んだら電話した方がいいでしょう。

会社で嫌なことを言われたとき、
「匿名で労働基準監督署に相談して教えてもらった」
と、言ったら一発で黙らせられます。

特にパワハラ野郎には効果的です。

なるべく早く病院に行け

26221575_s

自分を守るために大事なのが、
なるべく早くメンタルクリニックなど
精神的な診断をしてくれる病院にいくこと。

精神的におかしいと感じたら
迷わず病院にいきましょう。

精神的な病気になってしまうと、
なかなか治りません。

私の知人には
長期間、仕事が出来なくなった人や
完全に頭がおかしくなった人もいます。

早く病院にいかないと
手遅れになってしまう可能性もありますから、
なるべく早く病院で診断してもらいましょう。

会社を辞めるのは意外と簡単

実は会社を辞めるのって
意外と簡単なので、
「上司に退職すると伝える」
これだけでOKなのです。

法律上、上司に退職することを伝えたら
2週間後には会社に行く必要はありません。

「会社から辞めさせてもらえない」と、
悩んでいる人も多いですが、
本当に限界なら行く必要はないのです。

精神的に疲れたときの会社を辞める手順

パワハラなどの影響から
精神的に病んでしまい、
限界が来たときに会社を辞める方法の例を
ひとつ紹介します。

まずは病院にいく

病院にいってうつ病であるという
診断をしてもらいに行きましょう。

酷いパワハラなどで
会社にどうしても行けない場合は
そのことを医師に伝えましょう。

普通の精神状態であれば、
そんな状態にはなりません。

医師が「出勤できる状態ではない」と
判断したら、診断書に書いてくれます。

「2週間は休養が必要」
と診断書に書いてもらいましょう。

上司に退職の意思を伝える

医師からの診断書をもとに、
「うつ病で2週間の休養」
と診断をされたと会社に伝え、
通勤が出来ないことを伝えます。

それと同時に退職することを伝えましょう。
これはメールでも大丈夫です。

先ほど書きましたが、
法律上は辞める意思を伝えてから
2週間経過したら通勤する必要はありません。

休養している間に
2週間経過しますから、
そのまま退職できます。

あとはこっそり事務の人と
退職の手続きをすればOK。
嫌な上司と顔を合わさずに
退職することができます。

もし、2週間で退職の手続きが
出来なかった場合は、
もう一度、病院で診断してもらいましょう。

再度、休養が必要という診断書を
書いてくれると思います。

会社から何度も電話が掛かってくる
可能性もありますが無視して大丈夫です。
嫌な上司と話をする必要はありません。

注意事項

私の知り合いが会社から追い込まれたとき、
実際にこの方法で会社を辞めました。

ですが、精神的な影響の大きさや
パワハラの内容などによって
専門機関や医者の判断が変わる可能性もあります。

この内容は、
ひとつの可能性を示しているもので、
絶対に大丈夫と保証はしていません。

必ず、自分自身で専門機関に相談し、
確認をするようにしましょう。

今の会社が全てじゃない。可能性は他にもある!

27559707_s

実際に会社を辞めたいと考えたとき
いろんな不安が頭に浮かびます。

  • 辞めたら再就職できないのではないか?
  • 生活はしていけるかな?
  • あいつは逃げたと笑われないか?
  • 自分は人生の負け組みなのか?

そんな不安が辞める決断を鈍らせて、
自分自身を追い込むきっかけになります。

ずっと同じ会社にいると
今の会社の情報しか自分にはなく、
他の選択肢が思い浮かびません。

でも、実際はいろんな世界があり、
いろんな可能性があります。

選ばなければ、就職先はあるだろうし
お金を稼ぐ手段も昔より幅広いです。

インターネットの環境とパソコンがあれば、
在宅でライターとしてお金を稼ぐことだって
今は可能な時代です。

こちらを見てみてください。
日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

ここに無料で登録すれば、
ライターとして仕事を募集できますし、
仕事を依頼している人も探せます。

今はネット社会ですから、
記事を書いてくれるライターを
探しているサイト運営者も
たくさんいるのです。

会社員の給料ほどまでは正直、難しいですが、
アルバイトと掛け持ちして
空いた時間に記事を書くことも可能なので、
お小遣い稼ぎにはなると思います。

無料ですから
登録してみてはどうでしょうか?

さいごに

いかがでしたでしょうか?

悲しい話ですが
自ら命を絶ってしまうようなニュースが
定期的に話題になりますよね。

うつ病が原因で自殺してしまった
知人がいる私としては、
他人ごとではありません。

その人がうつ病になった原因は
上司からのパワハラです。

本当によく感じることは
「明日はわが身」
かもしれないということ。

誰もが精神的に病んでしまう
可能性があるからこそ、
会社を辞めるための知識を
今のうちから知っておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

BIDANラボの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIDANラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bidan-labo編集部

bidan-labo編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 有酸素運動でダイエット!効果を持たせる4つの方法を紹介!

  • 冬太りって何でするの?その原因と出来る対策

  • 顔の緊急事態!ボロボロの肌になる原因とは

  • 健康診断の前日にお酒飲んでいいの?飲んだらどれだけ影響する?

関連記事

  • 女子ウケする趣味はコレ!男の趣味で喜ばれるものを紹介!!

  • 堀江貴文さん近大卒業式が話題!自分なりに感想を書いてみた!

  • 今のうちに知っておこう!30代になったら読む身体の変化

  • 炭酸ヘッドスパって自宅でのやり方ある?意外と簡単に100円でできた!

  • ハロウィンパーティーは出会いのチャンス?このイベントを見逃すな!

  • イライラをスパッと抑える方法は?5つのポイントを紹介!